ハッピーフェスティバル 紅井郵パートについてその1

ハピフェスの話などをー。

見てくださった方、ブログで紹介いただいた方、ありがとうございました。
あるPがかつて「ニコニコはコメントとタグの力で最終的に完成する」と仰ってましたが、この動画でもコメントやタグに笑わせてもらったり感心したりで、とっても感謝しています。
同期Pのブログを回ってて自分もなんか書きたくなったので後先考えずブログをつくってみました。
まずは自分のパートについてとその後合作全体についてちょいちょいと書いていきたいと思います。
長いので格納↓

今回の私のパートのハイライトはなんといっても小沢さんなわけで。
これは投稿日が選挙後になったことのよい影響が出てるなーと思うます。
別に公選法がらみで延期したわけじゃないですが、コメントが驚くほど荒れてないのはうれしい誤算です。
あとはあの広告も選挙明けならではですよね。広告を見るまでが動画です、みたいな。
草弾幕や「どうしてこうなった」コメ、やっぱり紅井郵Pだったコメなど、ありがたく読ませていただきました。
「計画通り!」とニヤつくのをおさえながら今回は小沢登場に至るまでの話をしたいと思います。
(次回はねんぷちパートの予定です)


唐突ですが、アイコラ2の話をさせていただきます。
京都PとのペアでBブロックの3番目にはいってたわけですが、患者にあふれたこのブロックでひとつだけ異彩を放つ動画となっていました。
この後いろんな方からご意見をいただきまして、ガチで素晴らしい、B組の良心、といった反応もあったんですが私は「小沢は出てこないのか」「日和った」という声のほうが気になってしまいました。
最初は国会で野球をするとかどうなんだろう、とも考えたのですが絵面が浮かんでこないのとちょっと安易かな、というのでガチPV路線にしたわけですが、しかし野球も政治もまったく脱色してしまってはただの普通のPVなわけで、それは京都Pと紅井郵Pの強みをみすみす捨ててしまっていることになってしまったのではないかと合作公開後ひどく反省することになりました。
(コンセプト、大枠は私が主導したものですので、余計にその思いも強かったです)
おまけに優勝のりっぷる×Kombat組が個性を生かしたガチPVだっただけに、「ただのガチPV」にする選択も別の意味で安易だったのではないかという思いを抱くことになりました。
KombatPがブログで紹介した「コラボレーションの失敗」が起きる10の理由もズシンと心に響きました。
「コラボレーションというのは単なる共同作業ではなく、いろいろな専門分野を持った人間同士が、個人や単独の組織では得られない新たな付加価値を創出すること。ただの分業はコラボレーションとは呼ばない」
どう見てもただの分業でした、本当にありがとうございました。

そんなわけで、次こそは自分の強みを生かそうという前向きな気持ちと、今度日和ったら政治生命を失うという緊張感の中でこの合作に臨んだのでした。
そして小沢ネタを許してくれた8P8Pのみんな、とりわけ力強く後押ししてくれたがせ太郎PとカスPには感謝の気持ちでいっぱいです。
カスPと「自分たちがとことんひどくすることでガチPVをその落差でもってさらに綺麗に見せる」なんて意気投合しましたが、その目論見は大部分成功してるように感じまする。

さてなぜ小沢なのか?
よく聞かれることなのですが、「小沢がやるとおもしろいから」に尽きます。
たとえば麻生太郎や中川昭一を使った作品を作ったとしても、信者が讃える動画にはなるでしょうが、エンターテイメントとして成立するとは(私には)思えません。
小沢一郎はキャラクターが立っています。
(余談ですが政治ジャーナリズムの世界なんて小沢を叩くことで20年飯を食っているのがゴロゴロいます。)
だから歌わせても踊らせてもおもしろい。
殴られてもロボットに特攻してもおもしろい。(そこらへんは公式ですが)
小沢に対する好悪にかかわらず、笑える動画になるよう心がけているつもりです。
信者や支持者しか楽しめないものと、万人が楽しめるものとではエンターテイメントとして大きな差があると思います。
だから誰もが楽しめるような政治動画を目指しているのですが、その達成度については皆の評価を待ちたいです。

そんな小沢のキャラクターの強み(ブロリーや上様に匹敵すると勝手に思っている)に気づいたのは、この動画を作ったときでした。

今回はこんなところで。

Comments

コメント一番乗り!

コラボレートの下りは目からウロコが落ちたようでございます。

私です。8P8Pの一人です。

ニコマスPでなければ出会うことも無かった。
しかし現にこうして出会っている。

8P8Pにはそんな魅力が詰まっている。

何が言いたいかというと
今度、二郎につれってってくださいね^^

あざっす!>雨月P
コラボの話はそれ以来ずっと胸に刻んでます。
見る人に誰と誰がコラボした効果が伝わらないと意味ないな、って思います。

まさに神のめぐり合わせ!
で、何店にしましょう?>やきそばP

ブログ開設おめとうございます!
是非岡山にも来て下さいね(無理

キャーユーチャーン
岡山遠いよ><

ブログ開設おめでとうございます!!
壁に向かって語る小沢愛を、こっそり聞き耳を立てさせてもらいますねw

なにやらブログの方にリンクを頂いているようなので、こちらからもリンクしちゃいますですi-234

ひどくする側と思われる0808Pですこんばんわ

そんな担当ならいつでもやるよ!!
懐の深い祭りで本当に良かった…

リンクあざっす>うつけP
これからも壁に向かってどんどん話す予定なのでよかったらお付き合いください。

ひどい仲間だー(・・)人(・・)イエーイ!>伝豆P
でもあの皮むきはすごかったですよ!使われ方は紳士的でしたけどw

(ネωド)




まで読んだぉ^^

あいこら2のことが書いてあるからちょっと書いてみれぅ

えっと、やってみてはじめて気づくこともあるぉ
最初からお互いの持ち味とかわかんないだろうし、
今回合作のあとに実際会ってお互いの人となりわかったこともあるだろうし、
まぁあの短い作製期間の間にお互いのいいところを1個でも見つけられたならばちあわせ♪っておもうぉ

2424
|彡サッ




|<ぎっぷりゃー

ですねー。
一緒に二郎を食べてはじめてわかることも多いですからねー。
l・)<結論:ニンニク入れますか?

遅ればせながらブログ開設おめでとう御座います。
小沢、さっそく期待通り(?)人事(財務相)でダメ出しやって
くれましたね。
なんか藤井とは西松事件が切っ掛けで仲違いしたとか聞いて
いますが、いいじゃん、政権握ったんだから仲良くやろう、と
いかないのが小沢クオリティ。これからも見ている側を
ハラハラさせてくれそうです。
これからもどうかよろしくお願いします。

ありがとーです!
藤井は忠実なる小沢側近のはずがいつの間にか岡田派になってましたから、警戒したんでしょう。
(今回引退のはずの藤井を無理矢理比例名簿に載せたのも岡田)
一度裏切られたことは根に持つタイプですから、引っ張るんじゃないかと思います。
(事務方官房副長官としての起用説もあるけど、どうなんでしょうね)
とりあえずは18年ぶりの大幹事長のお手並み拝見といきたいところです。
こちらこそどうぞよろしくですー。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

trackback


Use trackback on this entry.

Search form
Twitter
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.